日本語の誤用

様々な場所で見かける日本語の誤用について考えてみます。 でも、意外と私の日本語が一番怪しいかもしれませんが…。

2015年10月

「動詞マス」 + ない は、「ナイ形」と何が違うか。
という質問を受けた。

「動詞マス」 + ない ???
「行きます」 + ない = 「行きない」 ダメ。
「食べます」 + ない = 「食べない」 いや、コレは単に下一段活用だから、「連用形」と「未然形」が同じだけ。
「来ます」 + ない = 「来ない」 いや、これは一見できてるけど、読み方が違う!
そんな日本語ありません!!

「動詞マス」 + ない???
何を見たの?!
すると…「極まりない」です! と。( ̄∇ ̄;)

それは一語で「イ形容詞」です!

「極まる」 GⅠ動詞
「極まり」 名詞
「極まりない」 イ形容詞。 決して、動詞、「極まる」の「連用形」+ない。ではない。


2015年日本語教育能力検定試験を受験された皆様、お疲れ様でした。


今年はなんだか、問題の毛色が変わった!とあちこちから声が聞こえてきます。
結果が出るまで1ヵ月半。余計に不安な日々になるでしょうが…もう今から考えても仕方がありません!


惜しくも合格を逃して、来年に向けて再始動する場合も、合格した場合も、どちらにしても、まだまだ勉強することがあります!
ちょっと一休みをしたら、ぜひ、それぞれの勉強を再開してくださいね!


そして、このブログで僕が間違っているときには優しく教えてください~!(笑)

自動詞と他動詞の違い。
日本人の中にもコレが解らない人が沢山いるみたい。

A:ひげを生やしている
B:ひげが生えている

の違いは何か?
外国人に説明を求められた日本人の答え
---------------------------
受け取り方は人それぞれだと思います。
A.は「意志を持ってひげを生やしている。」
ニュアンスがあり、
B.は第三者が見て、ただ
「ひげ」の特徴を述べている感じです。
文章を読んで
想像される光景は変わりません
---------------------------
うっそ~~~ん!!!(><;
普段、どんな日本語話してるんだろう?
いくら言葉が生き物で変化するものだとしても、コレはちょっと悲しいですね…。


A:「意思を持って生やしている」(ニュアンスではなく、そこに意思がある。または意思があるように見える)
B:「生やすつもり(意思)はない(または解らない、気づかない)のに、生えている」

例えば、きれいに整えられているひげなら、
「彼はひげを生やしている」
と言う。「整えられている」時点で「生えた」のではなく「生やした」からだ。

一方、いかにも「時間がなくて剃ってない」感じのひげなら
「彼はひげが生えたままだ」
になる。

しかし、同じ手入れをしていないひげでも、「生えているのは解かってて時間もあるのに剃らない」ならそれは
「生やしている」
になる。その人の意思で剃らなかっただろうと思えるからだ。

この表現ひとつで、その人のイメージさえ変わる表現だとおもうんだけど、それを、『特徴を述べているだけで、想像される光景は変わらない』とは…。
ひどい…。

今年も間もなくですね!
受験する皆さん、最後の追い込み頑張ってください!
出願期間
平成27年6月22日(月)から
8月10日(月)まで(当日消印有効)

試験日
平成27年10月25日(日)
9:00~16:40
受験料10,600円
試験地

札幌(札幌科学技術専門学校)
仙台(東北大学川内南キャンパス)     
東京(東京大学駒場Ⅰキャンパス
   または明治大学和泉キャンパス)     
名古屋(名古屋女子大学汐路学舎)       
大阪(大阪大学豊中キャンパス)
広島(広島女学院大学)
福岡(KCS福岡情報専門学校)

※会場への直接の問い合わせはご遠慮下さい。

合否結果通知の発送
平成27年12月18日(金)

このページのトップヘ